【新型コロナウィルス】米国への航空旅行者の規定更新

2021年11月8日よりアメリカ入国における条件が変更となりました。

  • 米国へのすべての非移民、非市民の航空旅行者は、米国への飛行機に搭乗する前に、完全にワクチン接種され、ワクチン接種状況の証明を提出する必要があります。
  • 旅行の資格があるが、完全にワクチン接種を受けていない米国市民および法定永住者(LPR)は、フライトの出発の1日前にCOVID-19検査が陰性であることを証明するものを提出する必要があります。
  • 旅行の資格がある、完全にワクチン接種を受けている米国市民とLPRは、ワクチン接種の証明とフライトの3日前にCOVID-19検査の陰性を航空会社に提示する必要があります。

詳細はこちらをご確認ください。

※本情報は2021年10月27日(水)時点のものです。

Copied title and URL