人間ドックサービス対応医療機関情報をアップしました。

コロナの影響により、毎年日本に一時帰国も兼ねて健康診断、人間ドックを受けていた方も2020年から状況が一変しました。

米国内で人間ドックを受けるよう会社から通知されている駐在の方も増えているようです。そこで、現地で日本語対応にて人間ドックを受けられるアメリカの医療機関の情報をアップしました。

View 人間ドック対応医療機関マップ4 in a full screen map

ジョージア州・オハイオ州・テキサス州
・倉岡クリニック 

ニューヨーク州
・ジャパニーズメディカルケア 

ミシガン州
・ミシガン大学ドミノスファームファミリーメディスン

カリフォルニア州
・小林メディカルクリニック
・日本ベイクリニック
・大里メディカルクリニック
・プロビデンス メディカルインスティチュート/人間ドック
・日本クリニック

上記以外の州や主要都市にて人間ドックが受診できる医療機関をお探しの法人の方は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

現地医療情報豆知識

アメリカでは、日本の年次検診のように総合的な検査を受ける習慣がありません。そのため、日本の年次検査項目をすべて受けようとした場合、主治医への該当検査依頼、また検査内容によっては複数の検査機関へ自分で予約をし、それぞれ別の日に受診するなど煩雑となります。

アメリカで検診を受けられる人数の増加や、COVID-19により1日に受入が可能な患者数の制限もありますので、11月、12月に予約されますと、年内に検査を受けられない可能性が出てきます。すでに今年も残すところ4か月!
検診を受ける予定のある方は、お早目のご予約をお勧めします。

Copied title and URL